> > 第5次エネルギー基本計画、閣議決定 再エネ22~24%めざす

第5次エネルギー基本計画、閣議決定 再エネ22~24%めざす

 印刷 記事を保存

政府は7月3日、再生可能エネルギーの主力電源化を目指す方針を示した、新しいエネルギー基本計画を閣議決定した。その一方で、再エネ22~24%程度、原子力20~22%程度などとした、2030年のエネルギーミックス(電源構成)は変更せず、その実現に向けて取り組みを強化するとした。原子力については、依存度をできるかぎり低減するという方針の下、安全最優先の再稼動や使用済燃料対策など、必要な対応を着実に進めていく。

2030年と2050年を見据えた新たなエネ計画

今回閣議決定した「第5次エネルギー基本計画」は、2030年エネルギーミックスの実現と脱炭素化に向けた2050年エネルギーシナリオの2つを統合した計画だ。

(※全文:1390文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.