> > マルイ、RE100に加盟 ブロックチェーン活用の再エネ電力を導入

マルイ、RE100に加盟 ブロックチェーン活用の再エネ電力を導入

 印刷 記事を保存

丸井グループ(東京都中野区)は、事業活動で消費する電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目標に掲げる企業が参加する国際的イニシアチブ「RE100」に加盟したと発表した。

加盟に際しての目標として、事業活動で消費する電力について、2025年までに70%を、また、2030年までに100%を再生可能エネルギーにすることを宣言した。

目標達成に向けた方法としては、今回、みんな電力(東京都世田谷区)の新たなサービス「ENECT RE100プラン」のトライアルに参加し、再エネ電力の導入を推進する。このサービスは日本で初めて、ブロックチェーン技術(分散型台帳技術)により供給元の再エネ発電所の特定(電源のトレーサビリティー)を実現するもので、「RE100」が重視する再エネ電力調達の原則に沿うものだ。

(※全文:1714文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.