> > 長野県の全建物の屋根を分析、太陽光発電のポテンシャルをデータ化する事業

長野県の全建物の屋根を分析、太陽光発電のポテンシャルをデータ化する事業

 印刷 記事を保存

長野県は7月10日、建物屋根への太陽光発電や太陽熱利用の設備設置を促進するため、建物ごとの太陽光エネルギーのポテンシャルを「見える化」するシステムを構築する業務の委託候補者を、プロポーザル(企画提案)方式により募集開始した。

同事業の名称は、「ソーラーマッピング構築事業」。県内の既存住宅や・事業所などの屋根を利用した太陽光発電・太陽熱利用の普及を促進するため実施される。

同事業で構築する「ソーラーマッピング」は、県下全域の既存建物ごとに太陽光発電や太陽熱利用のポテンシャルを、建物が立地する地点による影響(気象、山陰、建物陰など)と屋根の形状に応じて表示し「見える化」するシステム。

主な委託業務内容は下記の通り。

(※全文:1072文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.