> > デンソーなど3社、植物工場・次世代農業用ハウスの提供で新会社

デンソーなど3社、植物工場・次世代農業用ハウスの提供で新会社

 印刷 記事を保存

デンソー(愛知県刈谷市)は、次世代農業用ハウスの普及拡大を目指し、大仙(愛知県豊橋市)、トヨタネ(愛知県豊橋市)との3社合弁による新会社を2018年12月頃に設立予定。

合弁会社では、3社が新たに開発した農業用ハウス「プロファーム T-キューブ」を活用し、農作物の栽培を一貫してサポートする体制を構築。今後、3社は次世代の施設園芸をリードし、国内農業の競争力向上に貢献する。


この記事は、たとえば

  • 植物工場や農業ハウスのオーナー事業者にとって、導入を検討する設備として参考になります。
  • 植物工場関連の製品・サービスを提供する企業にとって、競合他社の製品情報として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.