> > 電動バイク向け蓄電池シェア事業 ホンダなどがインドネシアで実証スタート

電動バイク向け蓄電池シェア事業 ホンダなどがインドネシアで実証スタート

本田技研工業(東京都港区)とパナソニック(大阪府門真市)は、インドネシアでの電動モビリティー普及の課題解決のため、着脱可能な可搬式バッテリー「Honda Mobile Power Pack」と、それを搭載する電動二輪車などの電動モビリティーを用いたバッテリーシェアリングの実証研究を2018年12月に開始する予定と発表した。

同実証研究は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業「分散型エネルギー資源としての可搬型蓄電池シェアリング実証研究」(事業期間:2018年度~2020年度)として実施される。

バッテリーの共有でEV普及の課題を解決

同実証研究では、インドネシアにおけるEV普及の課題を解決するため、EV搭載時以外にも充電が可能な可搬型のバッテリー(モバイルパワーパック)を、複数のEV間で共有(シェアリング)する方式を導入する。

(※全文:1188文字 画像:あり 参考リンク:あり)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.