> > ハウステンボス、自家消費型ソーラーシェアリングでブルーベリー農園

ハウステンボス、自家消費型ソーラーシェアリングでブルーベリー農園

 印刷 記事を保存

ハウステンボスでは、再生可能エネルギーの生産と、場内の食料自給率向上「地産地消」を進めていく。今回は、自家消費型太陽光発電とブルーベリー観光農園を開設した。

この事業は、日本初の自家消費型ソーラーシェアリングの活用を通じて、(1)再生可能エネルギー使用比率向上による温室効果ガス排出量の削減、(2)電力・一次産品の地産地消の推進、(3)ご来場されるお客様の環境・再生可能エネルギーに対する理解促進を目指している。


この記事は、たとえば

  • ソーラーシェアリングに関心をもつ農業事業者や経営者にとって、補助事業を利用した事例として参考になります。
  • 農業事業者にとって、付加価値の付け方として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.