> > 壊れた太陽光発電パネルをリサイクルできる廃棄物処理業者一覧(全国版)公開

壊れた太陽光発電パネルをリサイクルできる廃棄物処理業者一覧(全国版)公開

 印刷 記事を保存

太陽光発電協会(JPEA/東京都港区)は8月27日、太陽電池モジュールの適正処理(リサイクル)が可能な産業廃棄物中間処理業者の情報を得たいというニーズに応えるため、同モジュール排出事業者向けに適正処理可能な業者名の一覧表をウェブサイトに掲載した。

これはJPEAが産業廃棄物中間処理業者の協力を得て、排出事業者が適正処理の委託先を見つける場合の参考情報の一つとして、自主的に作成したものだ。

JPEAは2018年7月17日、同月に西日本を襲った豪雨によりダメージを受け、主に中国地方にて排出される太陽電池モジュールについて、適正処理ができる産廃業者名一覧表(5社)を、取り急ぎ作成し公表している。

今回の一覧表では、廃棄物中間処理業者による情報提供をもとに、全国21団体・社の事業者名と連絡先、ウェブサイトへのリンクを掲載している。また、自社では処理をしていないものの、「リサイクル率が80%以上であると自己宣言した事業者を紹介できる団体・会社」についても、名称のあとに「*」を添えて掲載している(※実際の一覧は記事末尾リンクから)。

(※全文:1006文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.