> > 国際宇宙ステーションの日本製リチウムイオン蓄電池 9月11日に打上げ2回目

国際宇宙ステーションの日本製リチウムイオン蓄電池 9月11日に打上げ2回目

GSユアサグループのジーエス・ユアサテクノロジー(GYT/京都府福知山市)は9月6日、同社製の国際宇宙ステーション(ISS)用リチウムイオン蓄電池が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙ステーション補給機「こうのとり(HTV)」7号機に搭載され、9月11日に種子島宇宙センターから打ち上げられると発表した。

この新型バッテリーは、ニッケル水素電池を使用した旧型バッテリーに比べ、半数の24個で同等の容量をまかなえることから、輸送コスト低減への貢献が期待される。なお、ISSの基盤となる設備に日本製の機器が採用されたのはこの蓄電池が初めて。

このISS用リチウムイオン電池の仕様は、以下の通り。

(※全文:842文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.