> > 大分県、廃棄物の減量化・リサイクル設備導入に補助金 2次公募開始

大分県、廃棄物の減量化・リサイクル設備導入に補助金 2次公募開始

 印刷 記事を保存

大分県は、循環型環境産業の育成や産業廃棄物排出事業者の競争力強化を図るため、産業廃棄物の発生抑制・減量化・再生利用を行う施設の設置や機械装置の導入について補助を行う事業の2次公募を、9月14日から10月19日まで受け付ける。

この「平成30年度 大分県循環型環境産業創出事業費補助金」は、県内で排出される産業廃棄物等を地域資源として活用する循環型環境産業の育成と、産業廃棄物排出事業者の負担軽減による競争力強化を図ることを目的としている。なお、「産業廃棄物等」とは、産業廃棄物と、一般廃棄物のうち産業廃棄物と同種類のものをさす。

この事業では、先導的な技術を有する産業廃棄物などの「発生抑制」「減量化」する事業をはじめ、再生利用として「マテリアルリサイクル」「アップサイクル」「サーマルリサイクル」する事業に補助金を交付する。

補助率は50%、最大1500万円

補助率は50%以内で、上限額は発生抑制、減量化、マテリアルリサイクル、アップサイクルが1500万円、サーマルリサイクルが750万円。

(※全文:1854文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.