> > 日本気象協会、新電力向け「クラウド版電力需要予測システム」提供スタート

日本気象協会、新電力向け「クラウド版電力需要予測システム」提供スタート

 印刷 記事を保存

日本気象協会(東京都豊島区)は9月13日、新電力事業者などからの要望を受け、従来よりも少ない初期投資で比較的短期間で導入できる「クラウド版電力需要予測システム」のサービス提供を開始した。今後、2020年までに新電力事業者数十社への導入を目指す。

このシステムは、クラウドサーバ上で電力需要量を予測し、予測結果をオンラインで提供するもの。電力需要量は、「気象予報士のノウハウ」と「人工知能(AI)・機械学習の解析技術」を用いて予測している。

また、同サービスは、顧客からリアルタイムで受領した電力需要実績と契約電力量のデータに、日本気象協会の独自気象予測データ(全国各地の気温や日射量など)を組み合わせることによって、高い予測精度を実現した。さらにこの仕組みの導入により、同サービスでは需要想定作業の自動化・省力化が可能となり、効率的な需給管理が可能となる。

(※全文:833文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.