> > 生分解性プラスチックでコーティングした紙コップ さっそく三菱ケミカルが発売

生分解性プラスチックでコーティングした紙コップ さっそく三菱ケミカルが発売

三菱ケミカル(東京都千代田区)は9月27日、同社が開発し特許を有する生分解性プラスチック「BioPBS™」でコーティングした紙コップを、日本紙パルプ商事(東京都中央区)が10月に販売開始すると発表した。

自社、他社のSDGs達成に貢献すべく

BioPBS™は植物由来の生分解性プラスチックで、土の中に埋めると土中の微生物によって水と二酸化炭素に分解されるため、廃棄後の自然環境への負担が少ない。

紙コップの販売元である日本紙パルプ商事は、この素材の生分解性に加え、一般的な生分解性樹脂の中では高い耐熱性を持ち、柔軟性・シール強度に優れる点に注目。同生分解性プラスチックを紙コップの内面ラミネート加工の素材として、従来のポリエチレンの代わりに採用した。

(※全文:1130文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.