> > 気候変動の適応対策 まずは「東京都心の暑さ」調査が完了

気候変動の適応対策 まずは「東京都心の暑さ」調査が完了

 印刷 記事を保存

法政大学と日本気象協会は9月28日、首都大学東京、国立環境研究所と共同で、ヒートアイランド現象の進行による都心部での夏の暑熱環境の実態を明らかにするため、高所と地上のさまざまな視点から多数の赤外カメラなどを使った24時間の観測を行い、都市の熱さの「見える化」を行ったと発表した。

この観測は、2018年8月30日7時~31日7時(24時間)に、東京都の市ヶ谷・飯田橋地域(新宿区・千代田区)で実施された。観測項目は、建物や地面などの赤外画像、放射温度、暑さ指数(WBGT)、生体情報データ(体温、皮膚表面温度、心拍、脈拍、発汗量など)。

さらに同日は、連続した散水や木陰がどれだけ暑熱の緩和に役立つかの調査も行った。今後、4者は同観測で取得したデータの解析を行い、ヒートアイランドの緩和と熱中症対策の可能性を検討していく予定だ。

定点観測のほかドローンによる移動観測も

観測方法は、多数の赤外カメラ(サーモカメラ)で定点観測(高さの異なる複数のビルや歩道に設置)、移動観測(歩行、自動車搭載、ドローン搭載)を実施。

(※全文:827文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.