> > 東京電力EPにも業務改善勧告 顧客へ契約書面を交付せず

東京電力EPにも業務改善勧告 顧客へ契約書面を交付せず

 印刷 記事を保存

電力・ガス取引監視等委員会は10月11日、東京電力エナジーパートナー(東京都港区)に対して、電気・ガスの新料金プランを契約した顧客に契約内容など通知していなかった事案について、業務改善勧告を行った。

この勧告は、同社が電気(自由料金)とガスの小売供給契約の営業において、契約の締結・変更時、6,572件(電気6,526件、ガス53件、重複分7件)の需要家に対して契約締結後交付書面を交付していなかったことについて行われたもの。

また、同社は、書面不交付の需要家の一部に、会員サイト(くらしTEPCO)の会員ID・パスワードを交付しておらず、料金請求の根拠となる使用電力量等の情報を提供していなかった。

(※全文:1165文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.