> > ヤマト運輸、群馬県でも路線バスの客貨混載を開始

ヤマト運輸、群馬県でも路線バスの客貨混載を開始

関越交通(群馬県渋川市)とヤマト運輸(東京都中央区)は、2018年10月16日より、群馬県沼田市と同県利根郡片品村を結ぶ路線バスで宅急便を輸送する「客貨混載」を開始した。

関越交通の沼田駅~鎌田間のローカル線は、地域住民の重要な交通手段であるが、収入減により赤字路線であるという課題があった。

一方、ヤマト運輸は、同県沼田市利根町地区と利根郡片品村地区の顧客に同社の宅急便を配達する際、沼田市にある沼田支店(担当:群馬尾瀬センター)と現地をトラック1台が往復し、午後分の宅急便約20個を支店へ取りに戻る必要があった。

今回の取り組みでは、関越交通の路線バスがヤマト運輸の沼田支店で午後分の宅急便を預かり、下街道バス停(沼田市利根町)と鎌田バス停(利根郡片品村)でそれぞれの地域を担当するヤマト運輸のセールスドライバー(SD)に引き渡す。

(※全文:994文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.