> > 廃棄物・リサイクルの事例紹介など 世界循環経済フォーラムに1000人以上

廃棄物・リサイクルの事例紹介など 世界循環経済フォーラムに1000人以上

環境省は、10月22~23日、フィンランド・イノベーション基金(SITRA)と共同で「世界循環経済フォーラム(WCEF)2018」を横浜市で開催した。

同フォーラムでは、循環経済に関する世界中の好事例の紹介や、「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けた循環経済の役割などについて議論が行われた。参加国は約85カ国、参加者は1,000名以上にのぼった。

主なトピックスとしては、循環経済の構築をテーマに、第4次産業革命の技術活用、グローバルチェーンと循環貿易、食品リサイクル、プラスチックゴミの削減などが取り上げられた。また、日本が世界の主要循環経済の推進国の一つとなったかというストーリーも紹介された。

資源を廃棄物にするのではなく、資源効率性の向上や3R推進による循環経済への移行は、関連するステークホルダーの協力等が重要となる。また、循環経済の移行は、企業にとって新しいビジネスチャンスをつかみ、競争的優位を築くきっかけにもなる。

(※全文:1060文字 画像:なし 参考リンク:あり)


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.