> > 2019年冬、節電要請は北海道だけ 北海道電力には緊急時対策求める

2019年冬、節電要請は北海道だけ 北海道電力には緊急時対策求める

 印刷 記事を保存

政府は11月8日、2018年度冬季の電力需給対策において、北海道以外のエリアは基本的に節電要請を実施しないと発表した。北海道エリアについては、北海道胆振東部地震以降、無理のない範囲での節電を要請しているが、冬季も引き続き数値目標を設定しない節電を要請する。

今冬の電力需給は、厳気象H1が発生した場合でも、全国で電力の安定供給に最低限必要とされる予備率3%を確保できる見通し。また、北海道において大規模な計画外停止(▲154万kW/苫東厚真発電所3機分相当)が生じた場合でも、自家発電の焚き増し等により、予備率3%以上の確保ができる見通しだ。

しかし、北海道エリアについては、(1)系統規模が小さく、他電力からの電力融通に制約があること、(2)厳冬のため万一の電力需給逼迫が国民の生命・安全に関わる可能性があること、(3)9月にブラックアウトを経験しており、大規模な計画外停止が発生した場合には、需給への対策に注意が必要なこと等を総合的に踏まえて、「数値目標なし節電要請」を行う。

(※全文:1567文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.