> > 東北電力も卒FIT電力を継続買取 くらしサポート系のサービスも拡充

東北電力も卒FIT電力を継続買取 くらしサポート系のサービスも拡充

東北電力(宮城県仙台市)は11月29日、顧客の多様なニーズに応えるため、くらしのトータルサービス「より、そう、ちから。+ONe(プラス・ワン)」を展開すると発表した。

同サービスは、同社の家庭向けサービスの総称であり、顧客に対しより豊かで快適なくらしや安全・安心なくらしの実現をサポートするというもの。

なお、このサービスは、以前から提供している電気料金プランと会員制Webサービス「よりそうeねっと」に、くらしサポート「マカプゥコンシェルジュ」と、固定価格買取制度(FIT)の買取期間満了を迎えた家庭用太陽光発電向けサービス「ツナガルでんき」を加えたものだ。

各種サービスの概要は下記の通り。

卒FIT電気買取のほか、「融雪設備」向け新料金プランも

同社の会員制Webサービス「よりそうeねっと」では、10月1日より毎月の電気料金がアプリで見られる「よりそうeねっとアプリ」を展開している。また、東北6県と新潟県の地域情報を紹介する地域情報コンテンツ「ななび」も同日に開始した。

(※全文:1452文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.