> > 東京都市大、企業の環境影響を「金額」に換算する手法を開発 ESG投資指標に

東京都市大、企業の環境影響を「金額」に換算する手法を開発 ESG投資指標に

 印刷 記事を保存

東京都市大学(東京都世田谷区)は12月4日、企業活動による環境への悪影響を貨幣価値に換算する手法「LIME3」を開発したと発表した。

この手法は人の健康影響や生物種の絶滅など世界における環境影響を解析し、評価結果を貨幣価値で表示することを可能にするもの。そのため評価結果は、製品の価格や、環境や社会に配慮して活動する企業に投資する「ESG(環境・社会・企業統治)投資」の額を定めるうえで有力な資料になることが期待される。

また、同手法により、世界で初めて、全世界を対象に環境影響を貨幣価値として換算することができるようになった。

(※全文:1835文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.