> > 京都大学などと新電力コンサル企業が連携 電力ビックデータ解析でナッジ活用

京都大学などと新電力コンサル企業が連携 電力ビックデータ解析でナッジ活用

 印刷 記事を保存

株式会社日本新電力総合研究所(東京都千代田区)は1月8日、京都大学(京都府京都市)などと連携し、エネルギーやヘルスケア分野等での社会課題の解決やビジネスの創出に向け、電力利用におけるビックデータを解析する研究所「スマートライフラボ」を本格始動すると発表した。

「スマートライフラボ」では、京都大学大学院経済学研究科 依田 高典教授が率いる京都大学チームや、シカゴ大学・ロンドン大学等の世界的専門家で構成された専門チームが、電力利用におけるビックデータを独自のアルゴリズムにより解析する。

さらにこれらのデータを活用し、行動科学等の理論に基づく情報発信(ナッジ:そっと後押しする)等によるアプローチで一人ひとりに気づきを与え、人々が自分たちにとってより良い選択ができるような行動変容を促す。

(※全文:1033文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.