> > 千葉県鎌ケ谷市、防犯灯・道路照明灯をLED化へ リース事業者を公募

千葉県鎌ケ谷市、防犯灯・道路照明灯をLED化へ リース事業者を公募

千葉県鎌ケ谷市は1月22日まで、環境負荷や電気料金の削減のため、リース方式による防犯灯・道路照明灯LED化事業を公募する。

この「鎌ケ谷市防犯灯及び道路照明灯管理・LED化推進事業」では、市内全域の防犯灯・道路等約9,500基、期間中の新規設置予定も含めればおよそ10,000基に対する、2021年4月1日から2031年3月31日まで(10年間)のリース事業だ。

これにより、二酸化炭素排出量の削減による環境負荷の低減をはじめ、電気料金の削減、修理、交換回数の削減、市による防犯灯の一元管理体制の構築、地域経済の活性化を図る。

そのため同事業に応募する事業者は、既存の防犯灯等をLED照明器具へ交換するにあたっての調査・計画・工事・リース・維持管理に関する一括提案を行う。単独企業でもグループでも応募できる。

事業概要は以下の通り。詳細は実施要領等を確認のこと。

(※全文:1686文字 画像:なし 参考リンク:あり)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.