> > 福島県で新たな送電事業者が誕生 阿武隈山地・沿岸部の風力ポテンシャル活かす

福島県で新たな送電事業者が誕生 阿武隈山地・沿岸部の風力ポテンシャル活かす

経済産業省は2月4日、福島送電合同会社(福島県福島市)の送電事業の申請を許可した。同社は「福島新エネ社会構想」に基づき、風力発電等の適地である阿武隈山地と福島県沿岸部において再生可能エネルギーの導入拡大に向けた、送電設備の整備に取り組む。

再エネ資源豊富なエリアに新しい送電網を

再生可能エネルギー、特に風力のポテンシャルで注目される阿武隈山地と沿岸部は、既存の送電網からの距離が長く、発電事業者が単独で結ぶことが困難である。福島送電は送電網の増強をするため、共用送電線・変電所等の建設・運営を行う事業会社として2017年3月に、福島発電(福島市)、東京電力ホールディングス(東京都千代田区)、東邦銀行(福島市)の3社の出資により設立された。

(※全文:1039文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.