> > 収穫目前で本体が破産した宮崎の植物工場、ぶじ事業継承先みつかる

収穫目前で本体が破産した宮崎の植物工場、ぶじ事業継承先みつかる

いちご株式会社(東京都千代田区)は、同社グループの宮交シティ(宮崎県宮崎市)を通じ、宮崎市内に所在する、ライチを栽培する太陽光利用型植物工場(スマートビニールハウス)を取得すると同時に、九州アスリート食品ファーム(宮崎市)を農業事業者に選定し、同ビニールハウスの賃貸借を開始した。

1.背景と事業の内容

宮交シティが取得したビニールハウスは、約10,000m2(1ha)の土地と宮崎県の温暖な気候および全国有数の日射量を活用し、約4年前より南国果実の栽培を開始しております。


この記事は、たとえば

  • 植物工場ビジネス・農業を手がける事業者にとって、競合他社の動向として参考になります。
  • 植物工場関連の製品・サービスを提供する事業者にとって、同業他社の製品・技術として参考になります。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.