> > LINE Payが「食品ロス」解消の実証実験 経産省・NEDOと連携

LINE Payが「食品ロス」解消の実証実験 経産省・NEDOと連携

LINE Pay(東京都新宿区)は、食品ロスや人手不足などの解決のために、経済産業省が2月12日(火)から28日(木)まで実施する「次世代店舗実証実験」に、決済事業者として参画すると発表した。

同実験は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による「IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業(国内消費財サプライチェーンの効率化)」の一環で、今回のテーマは「食品ロス」などの課題解決。

実験では「LINE」が店舗と生活者をつなぐコミュニケーションツールとして採用されるほか、同アプリのモバイル送金・キャッシュレス決済サービス「LINE Pay」も活用される。また、LINE(東京都新宿区)と東芝テック(東京都品川区)が共同開発した電子レシート連携技術についても、昨年度の実証実験に引き続き活用される。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 72 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.