> > 災害時にEVからコンビニに電力供給 セイコーマートと日産が協定

災害時にEVからコンビニに電力供給 セイコーマートと日産が協定

コンビニエンスストアを展開するセコマ(北海道札幌市)と日産自動車(神奈川県横浜市)などは2月27日、「災害時における電気自動車(EV)からの電力供給に関する協定」を締結した。

これは、セコマが運営するコンビニ、セイコーマート店舗に配備した「Vehicle to Home(V2H)」を活用し、「日産リーフ e+」や、日産販売会社が貸与するEVの電力を災害による停電時の電源として活用し、店舗営業を継続させることで被災者を支援するもの。

また、日産自動車は、災害等により停電が発生した際に、日産販売会社店舗で試乗車として配備しているEVをセイコーマートに無償で貸与し、継続して電力が供給できる体制を整える。

この取り組みに協力し、協定を締結した北海道内の日産販売会社は、旭川日産自動車、北見日産自動車、帯広日産自動車、北海道日産自動車、札幌日産自動車、日産プリンス札幌販売、函館日産自動車の7社。

(※全文:1785文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.