> > 浮体式風力発電のマーケットをリードするには NEDO、技術調査など実施へ

浮体式風力発電のマーケットをリードするには NEDO、技術調査など実施へ

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は3月4日、浮体式風力発電のマーケットを日本がリードするため、NEDOが手がける次世代浮体式洋上風力発電の実証研究の技術評価や成果を発信する事業者を公募を開始した。

浮体式風力発電のマーケットでリードするために

近年、特に欧州において浮体式洋上風力発電の技術開発が急速に進んでいる。国内外の浮体式のマーケットを日本がリードするためには、NEDOが実施している次世代浮体式洋上風力発電システム実証研究の詳細な技術評価を行うとともに、その成果をタイムリーに発信することが重要だ。

また、海外の最新の技術開発動向を調査し、低コスト化や技術課題解決のための指標を作成し、実証研究の中で検証する必要がある。

今回公募する「次世代浮体式洋上風力発電システム実証研究(基盤調査)」では、これらの課題を解決するため、次世代浮体式洋上風力発電システム実証研究の技術委員会の設置等により調査することが主旨だ。

(※全文:1412文字 画像:なし 参考リンク:あり)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.