> > マレーシア、外資による農業ビジネス向け政府機関設立へ 植物工場なども促進

マレーシア、外資による農業ビジネス向け政府機関設立へ 植物工場なども促進

マレーシアの農業省(農業・農業関連産業省 MoA)では、農業やアグロフード分野について、海外からの投資促進のため、特設機関の設立を予定している、と発表した。

マレーシアの農業ビジネスについて、海外企業が進出するためには、複数の機関が関わっており、煩雑な作業が課題となっていた。

設立される特別機関では、海外からの農業ビジネスに特化し、許認可ライセンス、投資家の誘致など「一気通貫型」にて、あらゆる問題に対応する。


この記事は、たとえば

  • 植物工場や農業を手掛ける事業者にとって、海外展開に関する情報として参考になります。
  • 農業の振興策を検討する行政関係者などにとって、海外の政策事例として参考になります。
  • 植物工場や農業関連メーカーにとって、海外市場の動向として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.