> > 長野県、下水道の「下水熱ポテンシャルマップ」を作成 省エネしたい事業者向け

長野県、下水道の「下水熱ポテンシャルマップ」を作成 省エネしたい事業者向け

 印刷 記事を保存

長野県は3月1日、流域下水道管に内在する下水熱の利用促進を図るため、賦存量や存在位置を「見える化」した「流域下水道下水熱ポテンシャルマップ」を作製したと発表した。

下水道管を流れる下水の温度は、年間を通じて20℃前後と安定しており、外気と比較すると冬暖かく夏冷たいという特徴がある。下水熱利用は、この下水と外気温との温度差を活用して、冷暖房や給湯、消融雪、ボイラーなどに利用、省エネルギーを図る取り組みだ。

同県は、下水熱利用のポテンシャルを示したマップを、流域下水道管に近接する事業者らが下水熱利用の検討ツールとして活用できるよう作製した。各地点ごとに、下水流量の全量を温度差5℃で熱利用した場合のポテンシャルとして色分けし、地図上に示した。

作製箇所は、下記の通り。

  • 諏訪湖流域下水道
  • 千曲川流域下水道(下流処理区)
  • 千曲川流域下水道(上流処理区)
  • 犀川安曇野流域下水道

(※全文:973文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.