> > ソフトバンク、色素増感型太陽電池セルのスウェーデン企業に出資

ソフトバンク、色素増感型太陽電池セルのスウェーデン企業に出資

 印刷 記事を保存

ソフトバンクグループ(東京都港区)は3月5日、色素増感型太陽電池セル(DSC)を展開するスウェーデンのExeger Operations AB(ストックホルム)に、1000万米ドルを出資したと発表した。

また同日、同グループの子会社で自然エネルギー事業を行うSBエナジー(東京都港区)は、Exegerと戦略的パートナーシップを締結した。SBエナジーは新規事業拡大の一環として、このパートナーシップを通して、超薄型で柔軟性を有するExegerの太陽電池セルを、日本を含むグローバルでの展開を加速するとともに、この太陽電池セルを使用した製品の幅広い普及を推進する。

薄くて軽い、フレキシブルな色素増感型太陽電池

Exegerが手がける太陽電池セルは、植物の光合成と似た原理で、光を吸収する色素を使った「色素増感型太陽電池」と呼ばれるもの。薄さや軽さのほか、フレキシブルでさまざまな形状に加工したり、さまざまな色彩にプリントできることなどが特徴だ。そのため、さまざまな製品で、デザイン性を損なうことなく恒久的な電力供給を実現できる。

(※全文:797文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.