> > 太陽光発電O&Mにドローン運用プラットフォーム NTTドコモが提供開始

太陽光発電O&Mにドローン運用プラットフォーム NTTドコモが提供開始

NTTドコモ(東京都千代田区)は3月8日、ドローンを活用してビジネスを展開する企業・自治体向けに、ドローン運用をトータルにサポートするサービス「docomo sky™(ドコモスカイ)」を提供すると発表した。

このサービスでは、ドローンとプラットフォームを、無線通信方式のひとつであるセルラーネットワークで常時接続する。また、プラットフォームは、クラウドコネクト、運航支援基盤、ビジネス支援基盤、解析支援基盤の4つの要素で構成され、ドローンを用いてサービスを提供する企業がウェブ上で統合管理する仕組みを提供する。

これにより、複数台の自動飛行、目視外での遠隔操作、機体情報やフライトの管理、撮影画像データ等のセンシングデータをリアルタイムに取得。管理・分析を行うまでの一連の運用をウェブ上で管理することができる。

(※全文:1720文字 画像:あり参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.