> > MIRAIと千代田化工が提携 土地に合わせた植物工場の海外展開ねらう

MIRAIと千代田化工が提携 土地に合わせた植物工場の海外展開ねらう

MIRAI(千葉県柏市)と千代田化工建設(神奈川県横浜市)は、完全人工光型植物工場の分野において、日本国内外にて高まっている植物工場やさい・生産システムの需要増に応えるべく、業務提携契約を2019年2月に締結した。

大型の植物工場を運営するMIRAIは、日本国内で千葉(柏の葉工場)、宮城(多賀城工場)にて葉物野菜の「生産者」であり、生産物であるレタス類、ハーブ類を販売することで工場運営から販売まで一貫した取り組みによるノウハウを蓄積している。


この記事は、たとえば

  • 植物工場を運営する事業者や経営者・新規事業担当者にとって、植物工場ビジネスに参入する際のパートナーの情報として参考になります。
  • 植物工場や農業関連メーカーにとって、関連業界の動向として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.