> > ZEHでニーズ高まる断熱材 マグ・イゾベールが住宅向けに新製品2点発売

ZEHでニーズ高まる断熱材 マグ・イゾベールが住宅向けに新製品2点発売

 印刷 記事を保存

断熱材メーカーのマグ・イゾベール(東京都千代田区)は3月14日、住宅用断熱材ブランド「イゾベール」シリーズに、高性能な2製品を追加すると発表した。

1つには、旗艦製品であるガラスを主原料とした繊維、グラスウールを用いた断熱材「イゾベール・コンフォート」に高性能品種(λ33品)を追加した。もう1つは、床用フェノールフォーム断熱材「イゾベール・PFボード」を新たに取り揃えた。今後、建築設計事務所や住宅メーカー・工務店、リフォーム住宅建設業などに販売していく。

同社は、このラインナップの拡充により、高断熱・高気密住宅(ZEH、Heat20 G1-G2)に対して、屋根・天井、外壁、床に至るまで、家一棟まるごと提案ができるようになるとしている。

(※全文:1523文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.