> > 旭化成、リチウムイオン蓄電池用セパレータの生産体制を強化 約300億円投資

旭化成、リチウムイオン蓄電池用セパレータの生産体制を強化 約300億円投資

 印刷 記事を保存

旭化成(東京都千代田区)は3月14日、急速に成長しているリチウムイオン二次電池(LIB)市場に対応するため、日米で約300億円の設備投資を行い、LIB用セパレータの生産体制を強化すると発表した。

今回の設備投資では、LIB用セパレータ「ハイポア」(湿式膜)と「セルガード」(乾式膜)を生産する滋賀県守山市と米国ノースカロライナ州の既設敷地内に、新規に生産設備を増設する。新生産設備は、2021年度上期に商業運転を開始する予定。

また、あわせて、生産品目・製造ラインの統廃合などの既存生産設備の合理化と生産性向上に向けた対策を実施する。

2021年には生産能力を2倍に

新規生産設備の増設と生産性向上策を通じて、湿式膜と乾式膜の合計で、約4.5億m2/年の能力増加を見込む。

(※全文:1023文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.