> > EVの使用済み蓄電池をつかった街路灯、福島県浪江町の国道を照らす

EVの使用済み蓄電池をつかった街路灯、福島県浪江町の国道を照らす

MIRAI-LABO(東京都八王子市)は3月18日、福島県双葉郡浪江町の国道114号線に、電気自動車(EV)の使用済みバッテリーを活用した独立電源街路灯12基が設置されたと発表した。

同社が開発・製造した街路灯「THE REBORN LIGHT」は、太陽光で発電したエネルギーをEVの使用済みバッテリーを再利用したバッテリーに蓄電し、点灯させるもの。S字のデザインは、幸せを運ぶコウノトリを模したもので、自然エネルギーの吸収性を高め、自然災害への耐久性も兼ね備えている。

無電化地域は日本国内にも数多くあり、世界にはさらに多くの無電化地域がある。MIRAI-LABOの担当者は、「今回はコンセプトを明確にするために、大型でデザイン性のある街路灯にしたが、今後は、小型で安価なものを量産し、世界中の無電化地域に明かりを届けたい」と話す。そのために、同社では、日本全国で、この街路灯を設置する企業・自治体を募っている。

(※全文:1038文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.