> > 環境省、電力分野の低炭素化で3つの新アクション発表 石炭火力はアセス強化へ

環境省、電力分野の低炭素化で3つの新アクション発表 石炭火力はアセス強化へ

環境省は3月28日、電力分野の低炭素化に向けて、新たに具体的な3つのアクションを開始すると発表した。これは、石炭火力発電案件に対する規制強化、地域での再エネを活かした分散型エネルギーシステムの構築、CCUS(CO2回収・利用・貯蔵)の社会実装に向けた取り組みを柱としている。

これら新たな3つのアクションは、2018年度の「電気事業分野の地球温暖化対策における地球温暖化対策の進捗状況の評価の結果」を踏まえ、原田環境大臣から打ち出された。

2018年度の同評価では、今後の電力低炭素化の課題として、「石炭火力発電の高効率化に向けた具体的な道筋の提示」「地域循環共生圏の形成に向け、関係省庁と連携した、再エネを活用した分散型エネルギーシステムの構築等の取り組み」「石炭火力の脱炭素化技術であるCCUSの社会実装に向けた取り組み」の必要性が指摘されている。これを受けた3つのアクションの概要は以下の通り。

(※全文:1642文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.