> > Jパワー、太陽光発電によるオフグリッド電力供給サービスの企業へ出資

Jパワー、太陽光発電によるオフグリッド電力供給サービスの企業へ出資

電源開発(Jパワー/東京都中央区)は3月28日、VPP Japan(東京都品川区)に対し、同社の実施する第三者割当増資を引き受け、同日に出資したと発表した。

Jパワーは今回の出資により、VPP Japanの「オフグリッド電力供給サービス」における先端技術や新たな事業モデルなどに、Jパワーが発電事業などで培ってきた技術やノウハウを融合。新たなデマンドサイドビジネスを創出することを目指す。

太陽光発電の電力を建物側に直接供給

VPP Japanのオフグリッド電力供給サービスは、スーパーマーケットなどの建物屋根の遊休スペースに太陽光発電パネルを設置。そこで発電したクリーン電力を送電網に介さずに建物側に直接供給する自家消費型の電力供給事業だ。

(※全文:800文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.