横浜市のVPP、さらに小学校12校へ蓄電池 計59校でデマンドレスポンス

  • 印刷
  • 共有

電源開発(Jパワー/東京都中央区)と鈴与商事(静岡県静岡市)は4月3日、共同出資会社の鈴与電力(静岡市)が、神奈川県横浜市が2019年度より展開する「バーチャルパワープラント(VPP)構築事業」に参画したと発表した。

同事業では、防災拠点や避難場所に指定された市内の小学校12校へ蓄電池を導入するとともに、その12校で使用する電力約11,154,000kWh(2019年~2025年度分)を鈴与電力が供給する。電力の供給期間は、2020年1月~2025年12月31日の6年間。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報