> > 地域の再エネ自給率95% → 経済循環率が7.7倍に 京大などが調査・実証

地域の再エネ自給率95% → 経済循環率が7.7倍に 京大などが調査・実証

京都大学(京都府京都市)と日立京大ラボ(同)は4月5日、域内自然エネルギー自給率と地域経済循環率を評価した結果、既成の電力供給だけに比べ、自然エネルギーによる電力自給率が95%の場合、地域社会の経済循環率が7.7倍向上することが明らかになったと発表した。

この研究は、宮崎県高原町での実験に基づき、域内自然エネルギー自給率(既成電力利用率)に対するエネルギーコストと地域経済循環率のシミュレーションを行い、自然エネルギーによる地域経済循環の効果を検証したもの。

今回の検証結果から分かった新たな知見は以下の通り(図1参照)。

(※全文:2075文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.