> > 既存送電線を有効活用する「ノンファーム型接続システム」 NEDOが調査へ

既存送電線を有効活用する「ノンファーム型接続システム」 NEDOが調査へ

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は5月7日、「日本版コネクト&マネージ実現に向けたフィージビリティスタディ」にかかわる公募を開始した。

まず「ノンファーム型接続システム」の可能性を探る

日本版コネクト&マネージとは、既存の送電線を最大限有効活用することで、送電線の増強に伴う国民負担を抑えつつ、接続量を増やす手法として検討されているもの。具体的には「想定潮流の合理化」「N-1電制」「ノンファーム型接続」が想定されている。

※想定潮流の合理化:すべての電源がフル 稼働した前提ではなく実際の利用に近い想定で空き容量を算定する方法

※N-1電源制御とノンファーム型接続:一定の条件を付けた上で電源の接続を認める制度

この事業では、まず資源エネルギー庁や電力広域的運営推進機関(OCCTO)が主体となって取り組んでいるノンファーム型接続の制度設計の取り決め状況を確認しながら、ノンファーム型接続適用時における発電種別を意識した導入ポテンシャル(利用可能な空き容量)を試算する。

(※全文:1927文字 画像:あり 参考リンク:あり)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.