> > 独ボッシュ、「2020年にはカーボンニュートラル」を実現へ

独ボッシュ、「2020年にはカーボンニュートラル」を実現へ

自動車部品メーカーの独ボッシュは5月9日、気候変動対策と大気汚染防止対策について発表し、2020年までにカーボンニュートラルを実現する目標を示した。

そして、これを達成するため手段として、エネルギー効率の向上、電力における再生可能エネルギーの割合の引き上げ、グリーン電力の購入量の増加、それでも避けられないCO2の排出のオフセット(相殺)の4つをあげた。これにより、2020年までに年間約330万トンのCO2の排出を抑制する。

また、同社取締役会会長のフォルクマル・デナー氏は年次報告記者会見において、下記のように述べた。

(※全文:2073文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.