> > G7で日本が初、「CO2排出実質ゼロ」目標に 気候変動対策の長期戦略が決定

G7で日本が初、「CO2排出実質ゼロ」目標に 気候変動対策の長期戦略が決定

政府は6月11日、国連に提出する、パリ協定に基づく日本の温暖化対策の長期戦略を、地球温暖化対策推進本部で了承、閣議決定した。

最終到達点として、温室効果ガスの排出量を実質ゼロとする「脱炭素社会」を掲げ、今世紀後半のできるだけ早期に実現することを目指す。まず、それに向けて、2050年までに80%の温室効果ガスの削減に大胆に取り組む。

なお「脱炭素社会」とは、温室効果ガスの排出量を、排出削減対策と、農林水産業を通じた吸収源対策により実質ゼロ(カーボンニュートラル)を達成することをいう。温室効果ガス排出量実質ゼロを掲げるのはG7で初めて。このビジョンの達成に向けて、ビジネス主導の非連続なイノベーションを通じた「環境と成長の好循環」の実現をめざす。

再エネや省エネなどのビジョン、対策の方向性

同戦略では、「エネルギー」、「産業」、「運輸」、「地域・くらし」などの各分野のビジョンとそれに向けた対策・施策の方向性を示している。

(※全文:1126文字 画像:あり 参考リンク:あり)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.