> > 水耕栽培の壁面・屋内緑化システムが販売開始 遮光・遮熱で省エネに貢献

水耕栽培の壁面・屋内緑化システムが販売開始 遮光・遮熱で省エネに貢献

中国電力グループのエネルギアL&Bパートナーズ(広島県広島市)は6月21日、循環式養液栽培方式を利用した「壁面・屋内緑化システム」の販売・レンタルを開始した。

商品ブランド名は「Esola(エソラ)」(商標出願中)。これは、土を使わず、人の手をかけず、クリーンに植物を育てることができる、新しいサステイナブルな緑化システムだ。中国電力(広島県広島市)と大成建設(東京都新宿区)が2016年10月から開発と実証試験を進めてきた。

溶液循環で排水不要、メンテが楽に

今回、サステイナブルな緑化を可能としたのが、両社が開発した循環型養液栽培テクノロジー「e・ver(イーバー)」(中国電力が商標登録済み)。これは、植物を定植する培地槽と、肥料成分を含んだ養液を貯めておく培養液槽が上下二層で一体となったプランターユニットで、タイマー制御により養液を循環させるもの。

(※全文:974文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.