東京五輪「CO2排出権の寄付」164万トン分集まる 引き続き募集中

  • 印刷
  • 共有

東京都は7月5日、2020年東京オリンピック・パラリンピック(東京2020大会)の開催に関連するカーボンオフセットの取組みにおいて、キャップ&トレード(排出権取引)制度の対象事業者から提供された「CO2削減クレジット」の状況などを取りまとめ公表した。

2019年6月現在で提供されたクレジット量は、164万463トン-CO2。クレジットの提供に協力した事業者は、三菱地所(東京都千代田区)や日野自動車(東京都日野市)など、民間企業29社と、東京都下水道局など都関係事業者3者。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報