> > JR西日本、初のゼロ・エネ駅実現へ 「環境発電」にも挑戦

JR西日本、初のゼロ・エネ駅実現へ 「環境発電」にも挑戦

JR西日本(大阪府大阪市)は同社として初めて、山陰本線東浜駅(鳥取県岩美郡岩美町)において「ゼロ・エネルギー・ステーション」を実現するとともに、微生物や振動などの自然環境から得られる微弱な電気を活用した「環境発電」に挑戦すると発表した。2019年11月以降、順次取り組みを開始する。

エコステーションづくりを推進

東浜駅は、貴重な自然に囲まれた駅で、臨時寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の運行開始に合わせ整備された。

「ゼロ・エネルギー・ステーション(ZES)」は、晴れの日に、顧客設備の消費電力を太陽光発電蓄電池を組み合わせて自然エネルギーのみで賄う駅のことで、同社が定めたもの。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.