> > 「再エネ導入システム」テーマにNEDOとデンマーク大使館がセミナー開催

「再エネ導入システム」テーマにNEDOとデンマーク大使館がセミナー開催

写真はイメージです(© tebnad / amanaimages PLUS)

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と駐日デンマーク大使館は10月8日、スマートコミュニティ・アライアンス(JSCA)とともに、NEDO/デンマークエネルギーセミナー2019「再エネ大量導入時代のエネルギーシステム―デンマークの経験を基に系統運用、熱利用、VPP/V2Gの未来を考える―」を開催する。参加費は無料。

同セミナーでは、再生可能エネルギーの大量導入を実現するためのデンマークの系統運用、熱利用およびV2Gの実例と、それに関連する日本の取り組みを俯瞰することで、日本語が目指すべきエネルギーシステムの方向性を探る。

参加希望者はNEDOのウェブサイトから事前申し込みが必要で、定員は100名(先着順)。

デンマークでは1970年代から再生可能エネルギーの利活用を推進し、電力と熱を統合したインテリジェントなグリッドシステムを構築している。同国では、2050年に再生可能エネルギー100%を目指すエネルギー計画を策定しており、すでに発電の40%以上を風力発電が占めている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 74 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.