> > コム デ ギャルソン、自然に還るバイオプラ製ショッピングバッグを導入

コム デ ギャルソン、自然に還るバイオプラ製ショッピングバッグを導入

三菱ケミカル(東京都千代田区)は8月29日、自然環境への負荷が少ない生分解性バイオマスプラスチック「BioPBSTM」製のショッピングバッグとラッピング袋が、コム デ ギャルソン(東京都港区)に採用されたと発表した。8月より世界19カ所にあるコム デ ギャルソンの直営店で使用されている。

デザイナーの川久保 玲氏が社長を務めるコム デ ギャルソンは、ファッションブランド「コム デ ギャルソン」などを世界で展開している。コム デ ギャルソンは、年間数百万枚のショッピングバッグやラッピング袋を使用しており、これらをすべて「BioPBSTM」製に変えていく。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.