> > 世界初、データセンターと水耕栽培・水産養殖を組み合わせた持続可能モデル

世界初、データセンターと水耕栽培・水産養殖を組み合わせた持続可能モデル

データドック(新潟県長岡市)とプラントフォーム(同)は8月28日、寒冷地型データセンターと循環型農法「アクアポニックス農法」を掛け合わせた、世界初の「サステナブルデータセンターモデル」が完成したと発表した。

両社が提唱する「サステナブルデータセンターモデル」は、寒冷地型データセンターの運営によって創出される余剰エネルギー(雪冷熱・地下水・IT機器の廃熱)を、水耕栽培と水産養殖を同時に行う「アクアポニックス農法」で使用するものだ。「環境・社会・経済」の3つの軸を満たす持続可能な新しいビジネスモデルに位置づけている。

このモデルとして、データドックの運営する「新潟・長岡データセンター」敷地内に、国内最大規模の「アクアポニックス農法」を実践する植物工場「アクアポニックス長岡プラント」を建設し、8月28日に完工した。レタスやバジルなどの植物工場の生産物は、長岡市のレストランなどへ2019年秋より順次出荷・販売を開始する。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.