国交省、省エネ建築物普及へ16%増の360億円 2020年度概算要求

  • 印刷
  • 共有

国土交通省は、2020年度予算概算要求の概要を公表した。一般会計で前年度18%増の7兆101億円を要求、そのうち公共工事関連費は19%増の6兆2699億円、非公共工事は10%増の7401億円を計上した。

省エネ住宅・建築物の普及加速に向けた予算は前年度比16%増となる360億円を要求。中小住宅生産者等への支援体制の整備や、省エネ性能に優れた住宅・建物の整備・改修等への支援推進、IoT等の先導的な技術を活用した実証的な取り組みに対し支援などを行う。また、技能者の担い手確保・育成と設計者への支援を行う制度を創設する。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

イベント情報