> > 環境省、EV/FCバス・トラック開発推進へ事業性検証 2件を採択

環境省、EV/FCバス・トラック開発推進へ事業性検証 2件を採択

将来の地域の公共交通・物流分野の主軸を担う電動バス・ トラック等の利⽤促進に向けた開発を推進するため、環境省は9月10日、ユースケース毎に満たすべき航続距離等の特性に関するデータ収集と、事業可能性についての調査を実施する事業者として、2件を採択したと発表した。

事業名は「令和元年度EV/FCバス・トラック等のユースケース毎の航続距離等の特性に関するデータ収集及び事業性検証委託業務」。みちのりホールディングス(東京都千代田区)が「多様な地方都市における最適EVバス導入を目指したデータ収集と事業性検証」に、三菱ふそうトラック・バス(神奈川県川崎市)が「商用車における電動車の有効活用と多様なユースケースの事例検討」にそれぞれ取り組む。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.