> > 環境デュー・ディリジェンスの方法は? 手引書を作成する検討会がスタート

環境デュー・ディリジェンスの方法は? 手引書を作成する検討会がスタート

環境省は、サプライチェーンにおける環境マネジメントの実務に役立つ手引書の作成を目的に、「環境デュー・ディリジェンスに関する検討会」の第1回を9月26日に東京で開催する。

環境デュー・ディリジェンスは、事業活動が環境に及ぼす重大な影響(潜在的な影響を含む)を特定、回避、緩和し、その影響に対して事業者がどのように対処しているかを報告するプロセスをいう。

近年、サプライチェーンマネジメントをデュー・ディリジェンスプロセスとして規制する傾向が強くなっており、環境取り組みのサプライチェーンマネジメントも、環境デュー・ディリジェンスとして、そのあり方を明確にする必要性が高まっている。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.