> > ヤマハ発動機、瀬戸内国際芸術祭で低速モビリティレンタカーの実証実験を開始

ヤマハ発動機、瀬戸内国際芸術祭で低速モビリティレンタカーの実証実験を開始

ヤマハ発電機(静岡県浜松市)は、9月28日より豊島(香川県土庄町)で開催される「瀬戸内国際芸術祭 2019 ひろがる秋」において、グリーンスローモビリティによるレンタカー事業の実証実験を開始する。

観光スポットを巡る移動手段不足の解決策として期待されている

グリーンスローモビリティとは、時速20km/h未満で公道を走行する4人乗り以上の電動モビリティ。国土交通省や環境省は、観光客の利便性の高い周遊手段や高齢者の移動のための交通手段として、環境に優しいグリーンスローモビリティの普及を推進しており、各地では実証実験も行われている

今回の実証実験の概要は、以下の通り。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.